【レビュー】iPad mini6にぴったりのEwinキーボード

いつでもどこでもお絵描きや読書ができるiPad mini6

このiPad mini6は買ってからというものの、大きなiPad Proを持ち出す機会がほとんどなくなり、お出かけする際の荷物がかなり軽くなりました。

今回は、そんな便利アイテムであるiPad mini6をライティングツールとしても使用するためEwinのBluetoothキーボード』を購入してみることに。

本記事はこのEwinのBluetoothキーボードのレビュー記事です。

iPad mini6にぴったりの持ち運びしやすいキーボードを探している」という方は、ぜひご参考ください!

普段、家ではこちらのHHKBのキーボードを使用しています。

created by Rinker
HHKB
¥36,850 (2022/10/03 01:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

Ewinのキーボードって何?

こちらは、わずか157gの折りたたみ式キーボード

下記は折り畳んだ状態です。

主なスペックは次の通り。

スペック

・Windows・Mac・iOS・Androidのデバイス対応
マルチペアリング対応(最大3つまで)
・連続使用時間は約60時間
・キーボードの開閉で電源が自動オンオフ

個人的に、キーボードの開閉で電源がオンオフできる点が大きなポイント
電源をつけたり消したりする時間って、けっこう無駄だなと感じることが多いので、こういう細かな機能が嬉しいなと思いました。

 

また、バッテリーがたっぷり約60時間持つのも嬉しいところ。小まめに充電する必要がなく、必要な時にサッと持ち出せる手軽さが最高です。

一方、デメリットはキーが少し小さいところ。特に「Enter」が他社のキーボードと比べて小さいので慣れないと押し間違えが多い感じです。

しかし、ガッツリ作業する用のキーボードではなく、これはあくまでも持ち運び用キーボード

コンパクトさを一番のポイントに置くならば、これ以上の最適解は中々ないんじゃないかなと思いました。

実際カフェで使ってみた

休日、浅草のスターバックスにiPad mini6とEwinのキーボードとトラックパッドを持って実際に作業してみました。

作業画面。

折りたたんだ時は、こんなにコンパクトになります。

小さいテーブルでも、作業スペースを広々と取れる。

この日はBlogの文章を書くため、小一時間ほど作業をしました。

結論、1時間程度のライティングなら十分活用できる感じです。

長時間の作業となると、Magic Keyboardのような本格的な外部キーボードが欲しくなるところですが、短時間の作業となるとこれぐらいのコンパクトさがかなり嬉しい。

軽く読書したいなという時も、キーボードを閉じるだけで机が広くなるので便利でした。

デメリットをあえて述べるならば、打ち心地がそこまで良くない点。まぁ、このキーボードに打ち心地まで求めるのは酷だと思うので、あくまでも「あえて」です。

個人的には、「勉強用や本格的なライティングに向いているキーボードを探している」という方は、Mac純正のMagic KeyboardをiPad mini6用に買うか、それに準じた本格的なBluetoothキーボードを選択。

お散歩用キーボードを探している」という方は、コンパクトなEwinの折り畳みキーボードを選択すれば間違いないのではないかなと思いました。

iPad mini6は組み合わせるアクセサリーによってさまざまな楽しみ方ができる素晴らしいアイテムです。

今後も色々なアイテムを使って、iPad mini6と楽しいガジェット生活を送れたらなと思います。