ライカM10を購入しました #0

「ライカを持つと、最終的にM型ライカが欲しくなる」

ライカQを購入した当時、ライカを所有する友人に言われたのがこの言葉でした。

それから4ヶ月後。ライカにまつわる情報を、浴びるように漁っていた自分は、早くもこのようなことを思っていました。

「ライカQちゃんもいいけど、M型ライカも欲しいな…」

一度この思いに取り憑かれると、払拭するのは簡単ではありません。雑念を振り払おうと、ランニングやサウナで懸命に体を酷使しても、脳裏に浮かぶのは、ライカ、ライカ、ライカ…。
まるで、いい年して恋に浮かされてしまったかのようです。

無駄遣いはいけない。しっかり計画的に貯金をして、将来的にM型ライカを買うんだ。そう決意した1週間後…

買っちゃった

「貯金して何年後かにM型ライカを買うより、ローンでもう買っちゃったほうがいいんじゃない? 時間は戻らないよ?」

この悪魔の囁きには敵いませんでした。親もいつまで長生きしてくれるかわからないしね。限られた時間を良いカメラでしっかり残しておきたい。

そんなこんなでライカM10を手にした私は、月々の返済に怯えつつ、ワクワクドキドキな気分で日常を送ることになりました。

Leica M10って、何?

ライカM10(Type3656)は、2017年1月28日に発売したレンジファインダー式デジタルカメラ。
当時の価格は税別で850,000円。
有効画素数は2,400万画素で、フルサイズCMOSセンサーを搭載しています。
ボディカラーはブラックとシルバーがあるのですが、ライカQちゃんがブラックということで、自分はシルバーを選びました。

created by Rinker
Leica
¥978,000 (2022/09/25 05:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

購入はマップカメラ。
箱とホットシューがなかったので、その分お安くなっていました。ホットシューは後日ライカストアで購入。

レンズは予算が足りず、Carl Zeiss(カールツァイス)の『Planar T* 50mm F2 ZM』をチョイスしました。

created by Rinker
カールツァイス
¥109,899 (2022/09/25 05:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

いずれはズミクロンやズミルックスを手に入れたいと思いつつ、まずはこの構成で思い出をたくさん残していきたいです。
もちろん、ライカQちゃんも並行して使い続けていきます♪

ちょっとした作例

下記は全てライカM10Planar T* 50mm F2 ZMで撮影した写真です。

新宿の雑踏
空き缶
2種類の葡萄ジュース
ガラスに映った夕焼け

まだまだレンジファインダー式には慣れませんが、持っていて楽しいカメラというのはかなり写真欲が高まります。

今後も、このブログでライカM10で撮影した写真をご紹介していきたいと思います📸